声、小さくない?


コロナ禍の影響でマスク生活や飛沫予防で患者さんの声が小さくなっている。

えっ??と聞き直すことも多い。

コロナ禍前なら一人カラオケに行って誰に気兼ねなく好きな歌を

思いっきり歌ってもらうことで鬱々した気持ちを発散してもらったもの。

今じゃなかなか・・・難しい。

お風呂で大声で歌うのも迷惑になってしまうしね。


だからマスクの下も口角を上げてもらうようにしている。

意識にしないと、への字になってしまうしフェイスラインが弛む。

への字が癖になると眉間のシワが深くなる。


出来ない理由を上げるのはとっても簡単。

出来ないなら工夫する。

やろうと思うんですが・・・と思考停止の方が多い。

やるとやらないでは雲泥の差。

毎日のコツコツケアは10年後の自分への投資。


さあ、マスクの下も口角上げていきましょう!


特集記事