不眠症も国民病?!

日本人の5人に1人が

「睡眠で休養が取れない」

「何かしらの不眠がある」など

年齢と共に不眠が増加しているようです。

元々、頑張りすぎる日本人気質に加えて

パソコン、スマホなどで頭は働き通し・・・

ストレスを感じやすい社会環境も影響して

「寝つきが悪い」

「眠りが浅い」

いわゆる脳が疲労している状態の方も

多く見受けられます。

お医者さんに行くまでもないけど

やっぱりツライその症状・・・

東洋医学では、

脳に気血(エネルギーや栄養)が充分にいれば、

正常に働くと考えます。

逆に充分でないと、様々な不調を引き起こします。

実は鍼灸には

不調に基づいたたくさんのアプローチがあるんです。

■瘀血(おけつ)の改善

 「血」の質が悪化し、ドロドロと流れが悪くなった血行を

 よくします。

■痰湿(たんしつ)の改善

 新陳代謝が悪く、たまってしまった余分な水分や老廃物を

 出します。

■血虚(けっきょ)の改善

 精神活動の基本物質と言われる「血」の生成力を向上させて

 元気な血を増やします。

■気滞(きたい)の改善

 めぐりの悪くなった「気」の滞りを解消します。

■腎虚(じんきょ)の改善

 「腎」とは、腎臓だけでなく生殖機能、免疫系、脳、ホルモン分泌系なども

 含まれる「生命力」のこと。

 「腎」の「精」をしっかり蓄えて若々しさを維持します。

正確な原因を知り、

適切な治療計画をたてることがとても重要になってきます。

セルフケアも大切ですが、

どうぞ東洋医学の専門家である鍼灸師にお気軽にご相談ください。

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ一覧
Follow Us
  • Google+ Social Icon
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Instagram Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2017  by miwa acupuncture salon. All rights reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black YouTube Icon